キーワード

キーワード
かるべぶろぐ

>> ブログトップへ
 
 [32] アレルギーもちのフレンチブルドッグ みゆう君の受難
   2021/4/1(Thu) カテゴリ:【かるべの仲間たち】

昨年、2月、かるべさんちのフレンチブルドッグ、みゆう君の顔が、突然、パンパンに腫れあがりました。真っ赤で、目の上はボコボコしており、アレルギーによるものと考えました。進行すると呼吸困難になる恐れがあります。急いで投薬を実施しました。すると、みるみる顔の腫れがひいていきます。「良かった。」一安心。部屋に帰りました。ところが、1時間して、また、顔がはれてきました。「ええ?」。恐らく部屋の中にアレルギーの原因となるものがあるはず。とりあえず、再度治療を行い、可哀そうだけど入院。今度は、腫れることなく落ち着いています。何が原因なんだろうと、探索していくと、洗濯したダウンジャケットだということがわかりました。部屋でパンパンと叩いたんですよね。鳥の羽がかたよってたから。そして、みゆう君の布団も原因でした。ダウンは外でひたすら叩き、布団を新調して、部屋を徹底的に掃除して、退院。今度は、顔は腫れませんでした。良かった。

ところが、退院したその夜、何回も嘔吐をするみゆう君。急遽検査を行い、膵炎であることがわかり、再入院。アレルギー治療の副作用からと考え、膵炎の治療を行いました。幸い、回復が早く2日後に退院しました。みゆう君、母さんが、何も考えずダウンをパンパンしたせいでこんなことになってしまって。ごめんなさい。

みゆう君、アレルギー検査を以前に行っており食べ物制限も実施し、こまめに掃除しているにも関わらず、アレルギーが原因で発症していると思われる湿疹が出来ては治療して消えてを繰り返していました。指の間もしつこいくらいなめ回していますし。そんな折、アトピー性皮膚炎の新しい治療薬ができたことを知りました。その名も「サイトポイント🄬」。副作用の無いことが売りと、メーカーさん。試しに、投薬を試みました。その結果、湿疹の発症はなくなり、指の間をなめる回数も激減しました。

みゆう君、今日もご機嫌にお散歩に出かけることができました。

コラム写真

ハウスダストもきついね

コラム写真

たまごと牛乳がアウト

コラム写真

注射に耐えるみゆう

コラム写真

サイトポイント🄬です


前ページ

     

キーワード